未経験者採用

代表の思い

これから建設業で働こうと思っている皆様へ。

現在の建設業界は農業などと同じく、若者が少なく、高齢化が進んでいます。しかし、建設業や農業は世の中に絶対必要なもので、今後もなくなる事はありません。自分は何がやりたいか。仕事に悩まれている方がいるならば、私は真っ先に建設業をお勧めします。なぜなら仕事があるからです。
この業界は、決してブームに乗ったビジネスではありません。しかし、これから社会人になる方が70歳、80歳になったとき、世の中から建設業がなくなる事を想像できますか?
安定とは継続性だと思います。仕事が無くならないという事が、この業界を勧める一番のポイントです。
そして、もうひとつ、建設物というものは、一つひとつがオーダーメイドです。ロボット産業が話題になっている現在ですが、ロボットには真似できない職人の経験と知恵と技術が必要になります。経験が浅いうちはスキルが不足しているので苦戦する事もあると思います。でもその壁を一つひとつ乗り越える事で、職人として自信がつき、自分の成長をリアルに体感していく事ができます。
これから社会に出て約40年、これほど安心して働ける条件の整った職業はありません。職人の世界は一生を通して勉強です。その道を極め、豊かな人生を送れる様、私たちと共に学び、共に働きましょう。

福利厚生について

【福利厚生】

雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険、交通費支給あり
資格取得支援・手当あり
寮・社宅・住宅手当あり
U・Iターン支援あり
他:作業服支給、工具支給、資格取得支援制度、営業所により社有車あり、髪型自由、子育て世代応援プロジェクト導入(ご家族の用事、体調に合わせた休暇の取りやすさが魅力です)

季節ごとの行事充実!!

「肉肉祭」はゲリラ開催の超人気イベント!
「ピザ祭り」の開催!
各営業所での懇親会不定期開催
リフレッシュ休暇(40歳以上)
ほか、就職相談会は随時開催! ぜひ、お問い合わせください。

※ 感染症対策として以下の取り組みを行っています。
消毒液設置、Webを使ったオンライン選考での対応

先輩社員の声

ベルノを選んだ理由はなんですか。

立派な理由なんてないですけど、いいですか(笑)。当時、たまたま本社の近くでアルバイトをしていて、20歳超えたから正社員になろうって就職情報誌を読んで、たまたまアルバイト先からすぐの場所だったので応募しました。とりあえず、徒歩圏内、もしくは自転車で通勤できる距離の会社を優先していて(笑)。社長と面接させてもらったのですが、自分が設備工事の会社に、しかも工事部に応募したとも思っていないですし、きっと社長からも「この子大丈夫かな」と思われていたかも。でも、正社だからいいよねって。正直、はじめはそんな気持ちでした(笑)。

菅原 沙恵子 Sugawara Saeko
ベルノ仙台営業所 ダクト工
実際に入社してみてどうでしたか。
徒歩圏内を理想としていたのに、研修先は宮城県。工事で必要な道具の名前も使い方も知らなかったけど、とりあえずは先輩の助けもあり、乗り切ることができました。しかし、研修明けにいきなり出張。福島県のいわき市です。これには面を食らいました。でも、子どもの頃からなぜか工事現場が好きで、遊んでいたことを思い出し。当時の記憶とリンクしたというか、自分がやったことがかたちになって残るんだって、自分なりにものすごく頑張りました。現在では持っているだけで安心する道具があるくらいで、いつからかラチェットやハンマーは、私にとってぬいぐるみ的存在になってしまったようです。

この職業の入る前のイメージと後のイメージを教えてください。
知識ゼロでしたので、なにもありません。でも、すぐに楽しいと思えました。はじめは図面の見方も発注の仕方もろくにわかりませんでしたが、先輩社員の皆さんがもろもろサポートしてくれましたし。気づいたら、現場を動かすには、まずは自分が動かなくちゃと思うようになっていました。やるしかない、いつもそんな気持ちです。入社から3年が経つ今では、ダクトの発注や搬入、現場の責任者もなんとかやれていますし、案外私は、考えるよりもまず行動と言う人間なのかも。現場で「若いし、しかも女の子?」と言われることもありますが、いつか仕事で見返してやる! って気持ちで励んでいます(笑)。

やりがいはどこに感じますか。
お客様に喜んでいただいたときです。入社1年目のことですが、今でも私の糧になっています。いろんなお客様がいるけど、適当にやっておいてという方も多いです。でも、そのときはこうしたいってものをお客様がしっかり持っていて。意地でもその気持ちに応えたいと、片っぱしから先輩に連絡して施工法を聞くなど頑張りました。結果、「とても綺麗にしてくれて本当ありがとう」ってむちゃくちゃ感謝されて。よく、安っぽい“女性の感性で~”とかのフレーズ見ますけど、それ違います、プロ根性。やったことが認められたからとても嬉しかったんです。現場で聞くお客様の声。それが私のやりがいです。

ベルノの魅力を教えてください。
友人に転職のこと話したら、建設業界は3Kとか言われたりしました。確かに、そういった面もあるかも知れないけど、常にパソコンに向かって仕事をするよりは、私はいいかなって。ベルノに入って丸4年になるけど、私はとても楽しいし、いい選択をしたと感じています。ひとつ言えるとしたら、教えて欲しいって素直に言える人の方が合うのかも知れない。素直な人でやる気がある人の方が、この業界では、どこまでも伸びていけるんじゃないかなって思います。いつか一緒に仕事をする人へ、一緒に頑張りましょう!

ベルノを選んだ理由はなんですか。

これまで鳶職や、ガソリンスタンドなど、何度か転職をしてきましたが、父がプラント設備の仕事をしていた影響でしょうか、俺も設備工事に向いているのではないかと考えるようになり。そんなときに求人情報を見て、ベルノに応募しました。ダクトの生産から施工までを一貫して手がけているところに、企業としての強さと魅力を感じたので、郡山営業所で人員を募集しているなら、すぐにでも働きたいと思ったのです。鳶職をしていたころ、ダクトが面積の大半を占める図面を何度も見てきました。だから漠然と、それだけ仕事の物量が多いのだと想像していましたし、長く働ける業界だと考えていました。

菅原 諒 Sugahara Ryo
ベルノ郡山営業所 ダクト工
実際に入社してみてどうでしたか。
入社すぐの研修では、いろいろなことを学ぶことができ、その後現場に出てからは先輩からしっかり厳しく仕事を叩き込まれました。とは言っても、怒鳴られたりとかということではなく、特に安全面について厳しく、作業については分かりやすく教えていただきました。職人の世界ですから、よくある“仕事は目で盗め”的な感じかとも思っていましたが、社長自体が昔のやり方では今の時代に通用しないと考えている方なので、俺のそんな心配は無駄でした。工事が重なったり、短納期だったり、大変なことだってあることは、面接時に説明してもらっていましたし、納得して入社を決めたので、不満も無くとても充実して働けています。

業界のイメージについて。
工事などの仕事には昔から汚いとかきついとかのイメージがありますが、言うほどでもないと思います。もちろん個人差はあるでしょうが、やってみないとわからないもの。どんな業界でも、実際に働いて、自分の目で見て、経験を重ねることが大事だと思います。これまでいくつかの仕事をしてきましたが、良いところも悪いところも見てきたから、その経験を今後活かしていきたいです。今のところ、自分にとっては相性のいい業界に出会えたのだと感じています。

やりがいはどこに感じますか?
任せてもらった仕事に対し、自分で図面を読み込んで発注をしたり、手がけたものができあがっていく工程や、完成した姿を見たりするときです。図面通りで大丈夫なのか、発注をするタイミングはいつがいいのかなど、そのときどきで自分の判断が必要ですし、最後の取り付けまでしっかりとできたときに、はじめて後に残せるものになる。普通に街を歩いていても、「あのダクトみっともないな」とか、「すごい! どうやってつくったんだろう」とかついつい目がいってしまいますが、最近は、職人の仕事ってそういうものなのかなと思います。

ベルノで働くうえで、目指す目標はありますか。
現在の上司のような人材になりたいですね。その方はダクト施工の経験が豊富で、スキルがあるからこそ大変な現場でも余裕があるというか。周りを気遣いながら人一倍仕事をされています。また、営業もでき、お客様をどんどん連れてくる。自分にはまだまだ覚えることが山ほどありますが、そんな上司のような人材になれたら嬉しいですね。入社から2年も経ちますから、もうそろそろ現場を仕切るなどもやってみたい。いや、ベルノの社員としては、やらければならないと思うので、1つひとつ目の前の目標をクリアしながら、今後も頑張っていきたいです。

ベルノで仕事をして何年になりますか。

少し複雑で、2014年に一度入社したのですが、地元の盛岡で仕事がしたくて一旦は退社しました。2年ほど別の仕事に就いていたのですが、盛岡営業所ができる連絡をもらい、ベルノでの仕事に復帰しました。現場での施行という、工事部の仕事をしていますが、ダクトの取り付けが完成したときの達成感はとても大きいものです。それが、どうしても忘れられなかったのが、現場復帰の理由です。今は地元の盛岡で大好きな施行の仕事ができているので、嬉しいばかりです。

丹内 秀吾 Tannai Shugo
ベルノ盛岡営業所 ダクト工
仕事のやりがいは、どんなところに感じますか。
施工図を見て、それを現場で考えながら組み立てて、徐々にしっかりとした機能を果たすダクトになっていく過程が楽しいです。完成時の達成感は、きっと誰でも嬉しくなってしまうのではないでしょうか。ダクトには螺旋状のものや半円のものなど、さまざまな形状がありますが、難易度が高いほど、完成したとき「やったー」って心の中で叫んでしまいます。

工事をするときに心がけていることはありますか。
現場では大型病院の高層階であったり、高所での作業も多いです。だからこそ、お互いの息があっていないと危険を伴う場面もあります。周囲を見て、声をお互いに掛け合って仕事をする。どんな仕事もそうですが、チームワークはとても大事。それを念頭に置いて仕事をしています。

ベルノの魅力を教えてください。
施行が好きなのはもちろんなのですが、個人的には社員の皆さんがとても優しいことも魅力かと思っています。それに、20代、30代が活躍している職場ということもあげられると思います。経験がなくてもはじめられる、未経験でも歓迎してくれるのに、楽しい仕事ってなかなか出会えないものではないでしょうか。

余暇の過ごし方を教えてください。
工事部にとって、休日は現場のスケジュールによって左右されるものです。基本的には、土日祝日が休みですが、繁忙期にはそうも言ってられない。でも、基本楽しいので、苦とは思っていません。休めるときは、これでもかってくらい目一杯に休日を謳歌しています。最近ではPS4のキングダムハーツを一日中したり、割とインドアですが、自分的には最高の休日です。
それに、芋煮会など季節行事や、肉肉祭という意見交換の場(飲み会)もあるので、いい息抜きもできます。盛岡在住の私としては、仙台に集合しての飲み会(経費は会社持ち)は、楽しいし気分転換になりますよ。







engage

この度は、弊社のホームページをご覧いただきありがとうございます。
採用に関するお問い合わせがございましたら、お名前、メールアドレスをご記入の上、
下記フォームよりお問い合わせ下さい。折り返しお返事させて頂きます。

採用に関するお問合せフォーム
お名前
  • (姓)
  • (名)
MAIL必須
内 容必須