経験者採用

代表の思い

さらなる成長を求める経験者の方へ

ダクト工事に従事する経験者の皆様、毎日のお仕事、お疲れ様です。
突然ですが、今の自分に満足していますか?
今の環境に満足していますか?
「ダクト屋として名の売れた職人になりたい」
「自分を次のステージにあげられる環境で働きたい」
「様々な職人と仕事がしてみたい」
職人の世界を知ってしまった皆様には、こう思う方もいらっしゃると思います。私はそうです。
㈱ベルノという会社は日本一という目標のために常に進化し続けます。
その大きな目標を達成するためには、強力な仲間が沢山必要です。
働き方は自由自在。
職人として極めるのも良いですし、管理者としてビジネスを極めるのも良いです。

皆様が自分の思い描く理想の自分に少しでも近づくには、いろいろな仲間と出会い切磋琢磨し、自分の能力を最大限に高めなければなりません。更にまだ見たことのないステージに進むためには、会社や仲間の最大限のバックアップが必要になるでしょう。
それを実現できる理想の環境が㈱ベルノにはあります。
社員1人ひとりの成長は、会社の成長にも直結します。
皆様は自分の理想の為に努力し、会社は拡大成長を続け、日本一という目標に向け努力する。
この壮大な目標の為のワンピースとして、共に働く仲間を募集します。
現状に満足することなく、先の見えない未来に恐れず、たった一度きりの人生、勇気を出して行動し、一緒に時代の先頭を駆け抜けませんか。

福利厚生について

【福利厚生】

雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険、交通費支給あり
資格取得支援・手当あり
寮・社宅・住宅手当あり
U・Iターン支援あり
他:作業服支給、工具支給、資格取得支援制度、営業所により社有車あり、髪型自由、子育て世代応援プロジェクト導入(ご家族の用事、体調に合わせた休暇の取りやすさが魅力です)

季節ごとの行事充実!!

「肉肉祭」はゲリラ開催の超人気イベント!
「ピザ祭り」の開催!
各営業所での懇親会不定期開催
リフレッシュ休暇(40歳以上)
ほか、就職相談会は随時開催! ぜひ、お問い合わせください。

※ 感染症対策として以下の取り組みを行っています。
消毒液設置、Webを使ったオンライン選考での対応

先輩社員の声

入社して何年になりますか。

ベルノで働きはじめたのは2009年ですから、今年で12年目になります。それ以前は地元の福島で、父・兄とともに家業としてダクト工事に携わっていましたが、高齢だった父の引退を機にベルノに入社しました。当時のベルノは、法人化してからまだ3年目。社長の長谷川を含めて社員はたった6人の、とても小さな会社で、仕事も山形と宮城を中心に、現場の工事を請け負うくらいだったと覚えています。だからその頃は、会社の規模がここまで大きくなることはもちろん、この業界に入ってからずっと現場の職人として働いてきた自分が、営業所の所長を任されることになるとはまったく思っていませんでした。

柳沼 隆志 Yaginuma Takashi
ベルノ東京営業所 所長 ダクト工
入社してから働き方に変化はありますか。
入社してからの数年間は、働き方に大きな変化はありませんでした。もちろん、現場のリーダー的な立ち位置で働くこともありましたが、基本的には職人。割と我の強い感じで働いていたと自覚しています。しかし、ベルノでの日々が過ぎるにつれて、ダクト製造の自社工場ができたり、各地に営業所ができたりと会社規模が徐々に拡大し、自分も東京営業所の所長になるなど、嫌でも働き方を変えないといけないという壁にぶつかることになりました。
年齢も30代半ばに差し掛かる頃で、働き方を変えるには少し遅いかなという懸念もありましたが、前進するために目の前の仕事にしがみつきました。大変でしたよ(笑)、現場の仕事しか知らない自分が、お客様とのコミュニケーションや見積もりの作成、営業などを、知識ゼロからはじめるのは。しかし今考えてみれば、その期間が自分を大きく成長させてくれました。

職人から管理職へ。何が一番大変でしたか。
先ほども触れましたが、自分は現場で叩き上げてきた人間ですから、管理職としての立ち位置に慣れることがまず大変でした。一番抵抗があったのは、人に頭を下げること。そこからのスタートです。しかし、自分の前には会社があり、自分の後ろには部下がいます。そこには大きな責任が伴い、全うするためには我ではなく、その仕事をいかにしてきちんと納められるかが大事でした。わからない、また、迷う場面はいくらでもありましたが、その時々で相談する相手もいたので、人に恵まれたと思っています。一つひとつ階段を登り、現在がありますが、愚痴のひとつでもこぼせる相手がいたのは、本当に幸いです(笑)。これまで東京営業所では事務的な面でカバーしきれない部分もありましたが、今では自分をサポートしてくれる仲間も増え、次の目標にもやっと着手ができそうです。これからは所長として、次の段階に向かいたいです。

目指す目標というのは。
まず、会社としては、日本一のダクト屋という大きな目標があります。しかし、自分としては、そのためにまず東京営業所を、東京支店にするという目標を持っています。支店となれば、本社からのバックアップは無くなり、収支の面でも自分達で100%達成していかなければなりません。しかし、その体制が整えば、会社はさらに強固な体制を持つことができるはず。ベルノの良い点のひとつに、やりたいという意思を示せば、任せてもらえるというところがあります。だからこそ自分はこの目標に、まずは力を入れていきたいです。お客様満足度100%を基本に、きちんと仕事をしていければ叶わないことではない。これは、自分がベルノで働く上での目標になっています。

求職者へ向けてのメッセージをいただけますか。
これまで身につけてきた技術を存分に振るっていただきたいのはもちろん、ぜひそのひとつ上を目指して欲しいです。例えば、自分のように職人から管理職になるなど、一歩踏み出して欲しい。そんな、向上心がある方ならば、ぜひ一緒に働かせていただきたいです。現在のベルノは、まだまだ発展途上な会社です。だからこそ自分が願いさえすれば、いくらでも登ることができますし、そのための土壌は整いつつあります。きっと経験者の皆さんにとって、新たな扉を開くには、ちょうどいい規模の会社です。同じ目標に向かい、同じ夢を見て働いてくれる皆さんを、東京営業所でお待ちしています。

ベルノを選んだ理由はなんですか。

約半世紀、ずっと設備業界に身を置いて働いてきました。いいときも悪いときもひと通り経験しましたし、十分に歳も重ねたので一時期は引退を考えていました。でも、もう少しだけでいいから働きたい、自分の学んできたことを後世に残したいと考えるようになったとき、このベルノの社長の長谷川さんと出会いました。社長の掲げるビジョンとその人柄に感銘を受け、“私が働く最後の場所”として働きたいと思ったのです。長谷川さんは私の思いを受け入れてくれて、すぐ入社することになりました。

小嶋 光雄 Kojima Mitsuo
ベルノ東京営業所 ダクト工
実際働いてみてどうでしたか。
若い頃は現場で、その後は管理職として、今までさまざまな立場で今まで働いてきましたから、特に働き方の変化などは感じていません。私の場合、どうやって学んできたことを後進に残すのかも重要なので、普段の業務のほか、そういうことにも務めようとしています。強いて変化があったとするならば、一般的にキツイというイメージがある業界ですが、ベルノはそうじゃなかった。数多くの会社を見てきましたが、私にとってここは天国です。

スキルを活かせていますか。
この業界に長く従事しています。なので、設備工事は全体的に把握していますから、経験値、スキルというものは自ずと活かせていると思います。営業も長年やってきたので、これまで東京営業所では受注が少なかったジャンルの仕事にも力を入れ、新規開拓を目指しています。私のような高齢者でも、新しい会社で新しい仲間と、新しい仕事に励めることに、何よりも喜びを感じています。

入社してみてわかったベルノの強み
大手サブコンがクライアントに多く、東北、関東、北海道に営業所を構えることで、それらエリアの仕事を請け負うことができる体制が整っていることです。また、各地に点在する営業所のネットワークを使えば、出張など余計な経費を抑えることも望め、他社との競争にも有利だと思います。ただ、私が一番の強みと思うのは、活き活きと働く若い社員が多いこと。それは会社の伸び代であり、強みに他なりません。

求職者へ向けてのメッセージをいただけますか。
良いものは良い。私は引退も考えていましたが、この会社ならばもう一度働きたいと、すぐに入社を決めました。経験者の皆さんには、いろいろな考え方や事情もあるとは思いますが、まずは一歩前に歩み出て、飛び込んできてもらいたいです。この会社で持っているスキルを十二分に活かしてもらい、また持っていないものはどんどん吸収してもらい、一緒に仲間として、ベルノを盛り上げていけたら嬉しいですね。

ベルノを選んだ理由はなんですか。

以前も、同業の会社に勤務していました。当時、職長として働いていた私は悩むことも多く、また、30年ほど長く勤務していたので、変化が欲しいと転職も考えるようになっていました。そんなとき、ベルノの所長さんと仕事をご一緒させていただく機会があり、それがきっかけで社長と会うことに。とは言え、正直ほかの選択肢もありましたから、お会いする前はどうしたものかと迷っていました。しかし、実際にお話を聞くと、社長が思い描く将来の構想や、その意気込みにとても魅力を感じたのです。私より若いのに、凄いなって。この人とならベルノの目標である“日本一のダクト屋”目指せると思い、入社を決意しました。

菅原 清 Sugawara Kiyoshi
ベルノ仙台営業所 ダクト工
実際働いてみてどうでしたか。
仕事の内容的には、変わった点などは特にありません。一方で、私生活に大きな変化がありました。それは、今までほとんど取れなかった家族との時間が、いきなり増えたのです。業界的に朝から晩まで仕事漬けというイメージがあると思いますし、以前の会社では確かにそうでした。しかし、ベルノに来てからは、戸惑うほど家族と過ごす時間が増え、今ではその時間にとても満足しています。また、若い社員が多いことにも驚いています。この業界、すぐに辞めてしまう若い方が多いのですが、皆定着しているというか。若い人を大事にしていることが分かりました。

どのようなスキルが求められますか。
経験者の皆さんなら気にすることが多いですよね、ダクト施工といってもいろいろありますから。思うに、ビルの躯体部分に関わるような大きな工事から、テナントの内部工事まで、さまざまな工事の経験を3年くらい積まれている方が理想です。私の場合、前職では現場の最終工程にあたる仕事が多かったですが、現場立ち上げの工事もいくつか経験しており、それらの経験を生かして働かせてもらっています。現場に合わせて柔軟に対応してくれる方なら、きっとすぐに活躍できると思います。また、ご年配の方には、若い世代にその技術を教えてくれると嬉しいです。技術を伝えることは、私にとっての課題でもありますが、そういうことに配慮しながら、日々の現場に向かおうと考えています。

入社してみてわかったベルノの強み
答えとして適当でないかも知れませんが、自分自身の仕事に対する姿勢が変わりました。以前は、いかに現場を早く終わらせるかをばかり考えていましたが、ベルノで働きはじめてからは、少し恥ずかしいですが“会社のためにがんばろう”と思うようになれたのです。なんでそんな気持ちになったのか、分からない部分も多いです。しかし、そう思えるようになれること自体が、ベルノの強みなのかも知れません。長くこの業界にいますが、今、仕事が楽しい。この会社で勤めはじめてから、きっと自分は少し変わったのだと思います。

求職者へ向けてのメッセージをいただけますか。
経験者の方であれば、私としては、何よりもまずは社長と話をしてもらいたいと思います。部品に囲まれスケジュールに追われるのは、どこの会社も同じですが、誰と一緒に仕事をするかで、そのモチベーションや目的意識は変わります。社長の考えや、ベルノのこれからの展望を、できれば一度聞いていただきたいです。私自身、仕事に対する考え方や働き方が変わりましたから。







engage

この度は、弊社のホームページをご覧いただきありがとうございます。
採用に関するお問い合わせがございましたら、お名前、メールアドレスをご記入の上、
下記フォームよりお問い合わせ下さい。折り返しお返事させて頂きます。

採用に関するお問合せフォーム
お名前
  • (姓)
  • (名)
MAIL必須
内 容必須